友人の自殺の知らせに、思い出す幼少期の出来事…。幼すぎて犯してしまった罪を隠し…背負いながら、仲良し三人トリオはそれぞれ成長し、結婚した。そのひとりの友人の死…。やはり、犯してしまった罪は消えない…。そして下されたであろう罰! 幼く無知だったとはいえ、十字架を背負った三人に本当の意味の安堵と幸せは訪れない…。三人が苦悩する罰とはいったい…!?
    この書籍の単話は登録されていません
この機能は将来的に利用可能になる予定です

TOP