子供の頃キライだった男・藤代に再会した遼。相変わらず誰にでも愛想が良く周囲に好かれている藤代に苛立ちを覚えつつ関わらないようにかわしていた遼だったが、二人きりになった途端…?―――ボクはずっとキミに捕らわれている。ワケのわからないこの感情に支配されたまま…。水名瀬雅良が描く曖昧で不純なスキとキライの境界線!!
    この書籍の単話は登録されていません
この機能は将来的に利用可能になる予定です

TOP